【パーツレビュー】【N-BOX】ノンターボ出だしもっさり完全解決!Pivot(ピボット)3-drive・EVO!取り付け~走った感想!

N-BOX

こんにちは、なるるです。

19年3月に新型N-BOXカスタム(NA)に乗り換えまして、ようやくこいつの癖を把握してきて、アクセルワークの加減も勉強させていただいたんですが、

【オーナーレポ】最新N-BOXカスタムはノンターボ(NA)で十分だった!乗り手のアクセルワークで走りは変わるぞ!
...

やはり重量が重い高ハイトな車は出だしが遅め。なおかつノンターボなのでなおさらです😂😂

これさえクリアできれば弱点がほぼないと言っていい天下無双の車なのですが(ターボ買え!)、なにか解決策はないものかとGoogle先生に聞いて見てみたら、

あった!ありましたよ!ナイスなアイテムが!

ポチッと買ってN-BOXカスタムカスタムに付けてみたので、どんな感じになったのかレビューしたいと思います(*^^*)!

Pivot(ピボット)3-drive・EVO

さっそく物が届きました!

今回は必要不可欠なハーネスキット付きで購入。

価格はキット付きで税込み17,496円

ちょっと高いと思ったあなた!こういったスロットコントロールの商品の中では格安な方なのですよ!下記のターボ車社用のものは3万円以上しますからからっ😅

こういう商品の中では、コスパがとっても高いのです(*^^*)

 

ちなみにN-BOXのハーネスは、TH-7B(7B)というものでOK!

ハーネスは車種によって違うので、

Pivot(ピボット)3-driveシリーズハーネス対応車表

から、ご自分のお車の対応ハーネスを確認してください(*^^*)

こちらの商品はエンジンコンピュータを書き直しするような、本当に改造の粋までいくような物ではなく、エンジンスロットルの開き具合を調整するだけのものなので、

の商品(ターボ車専用)のように、

エンジンルーム内に取り付ける難しい物ではなく、

アクセルペダルにハーネスをかませるだけの簡易チューンで、出だし改善できるスグレモノです!(配線知識必要なし)

 



取り付け

まず取り付ける前の重要点!
①必ずエンジンを完全に切って、
15分以上置いてから作業を行うこと!
エンジンチェックランプを点灯させてしまう恐れがあり、エンジン再始動のために、ディーラーに持っていかないと直せなくなる場合があります。
②ECUが純正品と違う場合や、他のサブコンが付いている場合は装着しないでください!(何をいっているかわからない人はOK!でも中古車の場合は気を付けて!)

 

では取り付けです!
まず、アクセルペダルの付け根についているコネクタを外します。実はこれが一番時間がかかる・・・当たり前ですが結構硬いんです!!!!当然ですよね大事な所ですから!
コツはコネクタの左側についているピンを押しながら抜くことです!

次に下記配線図のように、抜いた所にハーネスを差し込み、ハーネスのもう片方にアクセルペダルから抜いたコネクターを差し込みましょう!

あとは本体とを6Pコネクターでつなげるだけ!

抜くのが時間がかかりますが、賞味10分程度で取り付け完了!簡単でしょ??

 

製品の設定(初期設定)

取り付けが終了したら、今度は車のアクセル特性を製品に記憶させる作業(初期設定)をしていきます。

この作業は初めて取り付ける時と、違う車に取り付ける時は必ずしなければいけないので、しっかりとやっておきましょう(*^^*)!

設定方法は、

Pivot(ピボット)3-drive・EVO取扱説明書

の手順③初期設定にくわしく載っています。簡単なので10分もあれば終わると思いますよ(*^^*)

本体の配線取り回し

わたしは、運転している時に配線がなるべく干渉しないように、ハンドル下の入れ物ボックスの間から線を通し、

ハンドル横を這わせ

エコボタンを上に本体を固定しました!

そうすれば、メーター前のティッシュボックス開閉の邪魔にならないですよ(*^^*)

ここまでもってきて、配線の長さはちょうどな塩梅です。

6Pコネクターのむき出しになっている所は、絶縁防水テープで巻いておくと良いでしょう(*^^*)。

 

 

各種モード

Pivot(ピボット)3-drive・EVOは3つのモードで走行できます。

パワーモードは、全域でアクセルレスポンスが改善!しかし燃費は一番下がるモード。

レスポンスモードは、低・中域のアクセルレスポンスが改善!少々の燃費ダウン。

エコモードは、町中などでアクセルをあまり踏み込まなくて良い所で使うと燃費向上が狙えるモードです。

 

 

N-BOXおすすめモード

この中で、N-BOXカスタムノンターボがおすすめするモードは、

レスポンスモードの2。

いろいろと試してみましたが、燃費とレスポンスさをちょうど良い所でいいとこ取りしているモードがレスポンス2だと思います!

付けてみるとわかりますが、2でも出だしの速さにびっくりします!これで十分だと思わせる加速。0スタートの道の合流でも、ノーマルのようなモタツキが無いです。これはすごい!

 

車を一番高く売りたい方は【中古車買取オークションのSellCa】

さいごに

出だしの遅さにイライラしている人はこれを付けることをおすすめします。多少の燃費の犠牲はありますが、ストレスが無くなると思いますよ(*^^*)

コメント