【ポケモン剣盾】【E3まとめ】メガZ廃止!互換切り!レート勢にギガトンパンチ!?

ポケモン剣盾

こんにちは、なるるです。

19年6月11日~13日(現地時間)の期間、アメリカ・ロサンゼルスで開催されたE3で、現在鋭意製作中のポケットモンスター最新作(ポケモン剣盾)について、

ゲームフリークス増田さんより爆弾発言が登場しました。

 

ポケモンHOMEから持ってこれるポケモンは、ガラル図鑑のみ。

・今作では『メガシンカ』『Z技』は登場しない。

 

これらのことについて詳しく解説していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ポケモンHOMEから持ってこれるポケモンは、ガラル図鑑のみ。

これは結構衝撃的でした。

これまでポケットモンスターシリーズで登場してきたポケモン数は約800種で、前作であるポケットモンスターサン・ムーン(ウルトラサン・ムーン)ではそれらのほぼ全種が登場し、インターネットを使ったレート戦などでは、自分の思い思いのポケモンから自由に選んで対戦させることができました。

が、新作では前作以降から持ってこれるポケモンが、新作で登場するポケモンのみと断言されてしまいました。

 

これはすなわち、これから新作で対戦を行うときなどでは、過去作ポケモンが一部使えなくなってくる(いわゆる互換切り)ということです。

 

とはいっても、新作でも過去作のポケモンは一部ですが出てくるので、そのポケモンについては今後も活躍の機会はあるといえます。しかしすべて登場することは確実にないので(新ポケとの兼ね合い)、必ず、新作上で使うことができないポケモンは出てくるでしょう。

 

なんで??

でもどうして登場させることができないの??

 

っていうことですが、理由にNintendoswitchハードによるHD化があげられます。

 

昨今のポケットモンスターシリーズ登場ハードでは、時代が高画質ゲームを求められている中、そいつを逆行して、画質より2画面や3Dといった別の意味でのエンターテインメント性をつけたハードで戦ってきました。それに、ポケットモンスターシリーズは、3DSというハードで登場してもゲームソフト自体を完全3D化に対応してこなかったので、ポケモン1匹1匹のデザイン負担はそこまで増えていないまま突き進むことができました。(スタート画面ロゴとかは3D対応だったけどね)

 

しかしswitch時代となり、HD化(高画質化)の流れから逃げることができなくなります。ポケモンデザインもHD化を余儀なくされました。

 

それにより、ポケモン自体の動きや表情が大変に豊かになり、画面の粗さである程度カバーできていた部分が、悪く言えば誤魔化しが利かなくなり(地デジ化した後の人物のごとく)、ポケモン1匹1匹をより細かく作りこむ必要がでてきたのです。それはもう一から作り直すくらいだと思います。

 

今回は発売日までに、それらの過去作すべてのポケモンをHD化することは困難であると判断したということですね。

 

プレイヤー側にはメリットだらけの願ったりかなったりのHD化ですが、製作サイドからすると、恐ろしく負担がかかるものなんだなということが改めて分かりましたね。

 

 

スポンサーリンク

今作では『メガシンカ』『Z技』は登場しない。

 

さらに原作プレーヤーが落胆したのは、新作での『メガシンカ』『Z技』は無しということ。

 

増田さんが直接しゃべっているわけではないんですが、ファミ通取材記事の一部分に今回のことがちょこっと書かれています。結構重要なことがさらっと書いてあって怖い・・・。

ファミ通記事より

 

今作でのポケモン強化は『ダイマックス』が中心になるっぽいですね。

この『ダイマックス』というものをよく見てみると、『メガシンカ』と『Z技』の両方どりみたいなところがあります(ポケモン強化+技強化)。

全部の技がダイマックス技になるので、もしかしたら上位互換になるのかも??

 

姿かたちは巨大化するだけというものなので、ちょっと味気ない感じは否めないですが・・・。

 

ゲームバランスを考えた上での苦渋の決断

新しく導入される『ダイマックス』と、既存の『メガシンカ』『Z技』の効果が結構かぶるため、両立させた時のゲーム内でのパワーバランス具合がより複雑になって、コントロールできなくなったのではと思います。

 

 

スポンサーリンク

希望は捨てなくてもいいよ

完全に過去作ポケモンはつかえなくなるのか??互換切りやーーー!!

と怒る気持ちもわかりますが、今後一切出てこないということはないと思います。

 

今回新作を皆さんにより早く、クオリティーの高い物をお届けする上で、優先させるべきは全ポケモン実装ではなく、しっかりとしたポケットモンスターソード・シールドという土台を作り上げることであると判断しただけです。

 

決して過去作をないがしろにしてしまう後ろ向きな決断ではないです。

なので、今回のソード・シールドで登場してなくても、新作が発売ののち、ちょこちょこと小出ししていくのか、また次の新作で登場されていくのかはわかりませんが、必ずやあなたのポケモン資産がフルに活用できるときが来ると思いますよ!!

(サン・ムーンがポケモンバンクに対応したのも、発売してから結構経ってからだからね)

 

 

スポンサーリンク

その他のポケモン剣盾最新情報

ポケモン剣盾公式

ダイマックスしたポケモンと4体1でバトルできる、『マックスレイドバトル』では、相手のダイマックスポケモンは2回以上攻撃してきたり、攻撃ダメージを無効化するバリアを貼って来る場合があるそう。

こちらのダイマックスしたポケモンがダメージを与えると、バリアを一気に2つほど消してくれる。

ポケモン剣盾公式

マックスレイドバトルに参加できる他の3人のトレーナーを『YY通信』という機能を使って集めることができる。近くにいるプレーヤーなどが画面左に表示されているので、わかりやすい(*^^*)

『YY通信』のインターネット通信を使って、マックスレイドバトルをするには、NintendoOnlineに加入する必要あり。

 

ポケモン剣盾公式

水ポケモンを得意とするジムリーダー『ルリナ』登場!

新ポケ『カジリガメ』のダイマックスで挑んでくる!

 

 

スポンサーリンク

さいごに

原作対戦に熱心なトレーナーにとっては、ネガティブな気持ちになりがちな今回の発表ですが、環境は常に新しい風を入れてこそより活性化していき、また新たな発想をもったトレーナーが生まれやすくなるので、対戦がより面白くなっていくのではと個人的には思っています。

ではでは・・・・

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ポケモン剣盾
スポンサーリンク
\面白かったらシェアおねがいします!/
なるるをフォローする
なるる blog

コメント