【ポケモンGO】トレーナーバトルに向けて!2つタイプを持つポケモンの弱点計算って?今更聞けない大事なこと。

トレーナーバトル

※下記記事は、18/12/13トレーナーバトル実装時のタイプ相性倍率変更に対応済み

こんにちわ、なるるです。

今回の記事は、今更聞けない2つのタイプを持つポケモンの弱点計算について紹介していきたいと思います。

トレーナーバトルにおいて最重要に大事なことなので、この機会に少しずつ覚えていきましょう!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

タイプ相性表

表の大きい青三角に点が付いている所は、『効果がないようだ』

これにすべてが書いてあると言っても過言ではないです。

でもこれどうやってみるの??って思っている方・・・・
安心を!このブログでは、そこら辺の所を下記より解説して参ります(*^^*)

これをすべて暗記できればOKですが、原作の『赤緑』からやっていても、時々は確認しないと不安になります・・・😆
ので、最初は気になるポケモンの相性からチェック!!

 

タイプ相性の見方

<自分が攻撃側で、使う技タイプがどんなタイプに効果が良いか悪いか?知りたい時>

まず攻撃側からの見方から。

ここでは攻撃側の技タイプが『タイプ:はがね』の場合を見ていきます。

まず上表のように、使う技タイプ:はがねを、攻撃する側のタイプから選び(青丸枠)、その下の縦枠を見ていきます(赤枠)。

そうすると、赤●・青▲・空欄となっている箇所が浮かび上がりますね。

はがね技が効果抜群(1.6倍)を与えられるタイプは赤●部分なので、赤●部分から目線を左にずらすと・・・ほらっ!はがね技が効果抜群を与えられるポケモンタイプは岩・こおり・フェアリーだとわかりますね!!(黄丸部分)

ちなみに、はがね技が『効果がいまひとつ』(0.625倍_技威力約38%減)なのは、表の通り、はがね・ほのお・みず・でんきタイプのポケモンとなるわけです!(青▲部)
※空欄は相性なし(1倍)

 

スポンサーリンク

 

<自分が防御で、自分のポケモンは、どんな弱点や耐性があるのか?知りたい時>

今度は、自分の使う予定のポケモンの弱点や耐性は、どんなのがあるのか知りたい時。

ここでもタイプ:はがねを例にします。

まず攻撃を受ける側のタイプから、はがねを選択し(赤丸)、その横枠(緑枠)を見ていきます。

タイプ:はがねを持つポケモンの弱点は赤●部分なので、赤●部分から目線を上にもっていくと・・・なるほどっ!かくとう・じめん・ほのおが弱点であるとわかりますね!(青丸部)

ちなみにタイプ:はがねは、青▲が多いことから、いろんな耐性をもった優秀なタイプであるとわかりますね!!(『効果がいまひとつ』(0.625倍_技威力約38%減))

 

 

スポンサーリンク

タイプ相性倍率(※18/12/13変更)

ポケモン相性についてわかった所で、次はポケモンGOでのタイプ相性によるダメージ計算についておさらい。

ゲームウィズHPより

 


ポケモンGOには、以下の4つの技が存在し、それぞれに倍率があります。それらをかけ合わせた(乗算)値が、ポケモン本来の技ダメージに乗っかってきます。
※下記、トレーナーバトル実装(18/12/13)により相性倍率変更の為、修正しました!

 

  • 敵ポケモンの弱点を突ける技(相性表の●)⇒1.6
  • 相性なしの技(相性表の印なし)⇒1倍
  • 軽減されるタイプの技(相性表の▲)⇒0.625
  • タイプ一致技⇒1.2倍

 

例えば、バンギラス(タイプ:岩・あく)を相手に、カイリキー(タイプ:格闘)の格闘タイプの技でダメージを与えていくとすると・・・

(格闘技が弱点)1.6倍×あく(格闘技が弱点)1.6倍×格闘タイプ一致1.2倍=3.07倍(二重弱点+タイプ一致。これが最高倍率)

の倍率が、技の威力に乗っかってくるわけです。

 

 

スポンサーリンク

2つのタイプを持つポケモンの弱点計算

以上を踏まえ、本題の2つのタイプを持つポケモンの正確な弱点について、解説していきます!!!

ポケモンの中には、サンダースのようにタイプ:でんき1つだけを持っているタイプもいれば、

ゴローニャのように、タイプ:地面・岩と2つ持っているポケモンもいます。

サンダースの場合は一つしかタイプがないので、相性倍率は1つのみの計算で済みますが、ゴローニャのようにタイプが2つある場合は、1つ1つのタイプの掛け算であるので、そう簡単にはいきません。

例を使って説明していきます。

 

<例1>
攻撃を受ける側:ゴローニャ 攻撃側:ピカチュウ(タイプ:でんき)がなみのり(技タイプ:水)を使う場合。

地面(水が弱点)1.6倍×岩(水が弱点)1.6倍=2.56倍(二重弱点)

 

<例2>
攻撃を受ける側:ゴローニャ 攻撃側:ピカチュウ(タイプ:でんき)がワイルドボルト(技タイプ:でんき)を使う場合。

地面(でんきを軽減)0.625倍×岩(相性なし)1倍×でんきタイプ一致1.2倍=約0.75倍(技威力約25%減)

 

となります。

このようにタイプが2つある場合は、一つ一つのタイプごとに、相性が抜群なのか軽減なのかというのを見ていって掛け算をすることにより、正確な数値を割り出して行くことになります。

ちなみに2つのタイプどちらも効果がいまひとつ(軽減)の場合は、0.625×0.625=0.39倍となり、約技の威力が60%減します。

 

重要補足!最大耐性『こうかがないようだ・・・』

原作に『こうかがないようだ』という相性補正があります。

これは全くのノーダメージということです。

例をあげると以下のパターン。

  • ゴーストタイプに格闘技
  • はがねタイプにどく技
  • 飛行タイプに地面技
  • 地面タイプにでんき技
  • フェアリータイプにドラゴン技
  • ノーマルタイプにゴースト技

以上6パターン。

 

ポケモンGOでの『こうかがないようだ』は??

ポケモンGOでは、『こうかがないようだ』のタイプ相性補正により、ノーダメージになることはありません!! 

そのかわりに、相性補正値は『効果はいまひとつ』よりもマイナスの0.39倍になります。

そして!ポケモンGO最大のマイナス補正値は、原作での『こうかがないようだ』
+『こうかはいまひとつ』の2タイプ組み合わせのポケモン。

 

これに当てはまるのは例えばゲンガー

タイプ:ゴースト、毒の2タイプを持つゲンガーは、相手の格闘技を0.244倍の最高マイナス補正値で受けることができます。

ゴースト(格闘技こうかなし)0.39倍×毒(格闘技いまひとつ)0.625=約0.244倍(技威力約75%減)

 

 

スポンサーリンク

18/12/17現在、いまひとつ×無効ポケモン一覧(0.244倍)

  • 0.244倍:ゲンガー(進化前含む)、ヌケニン、フワライド(進化前含む)
  • 0.244倍:ハガネール、ボスゴドラ(進化前含む)、アローラダグドリオ(進化前含む)
  • 0.244倍:バタフリー、ストライク、レデイアン(進化前含む)、ワタッコ(進化前含む)、ヤンヤンマ、アゲハント、アメモース、テッカニン、トロピウス
  • 0.244倍:アローララッタ(進化前含む)
  • 0.244倍:クチート
  • 0.244倍:ビブラーバ、フライゴン、ドダイトス

※太赤は特にバトル仕様頻度が高いと予想されるポケモン。

 

 

スポンサーリンク

18/12/17現在、2重弱点ポケモン一覧(2.56倍)

18/12/10現在実装済みのポケモンの中で、約2倍の威力で食らってしまうポケモンを紹介。この中に使っていこうと思っているポケモンがいたら、対策を考えておかなきゃですね😂

  • ハッサム
  • :マグカルゴ、サナギラス、バクーダ
  • ギャラドス、ペリッパー
  • :オムスター、カブトプス、ヌオー、サニーゴ、ナマズン、ジーランス
  • :ナッシー(アローラのすがた)、カイリュー、ワタッコ、グライオン、
    フライゴン、チルタリス、トロピウス、ボーマンダレックウザ、ドダイトス
  • :ラッタ(アローラのすがた)、サンドパン(アローラのすがた)、
    マニューラ、バンギラス
  • :ゴローニャ(アローラのすがた)、レアコイル
  • :パラセクト、キノガッサ、ヘラクロス
  • :ナッシー、ダーテング、ノクタス
  • リザードン、バタフリー、ストライク、フリーザー、ファイヤー、
    レディアン、ヤンヤンマ、デリバード、ホウオウ、アゲハント、アメモース、
    テッカニン
  • :キュウコン(アローラのすがた)

特に注意!2つも2重弱点があるポケモン達・・・。

  • 水と草ゴローニャ、イワーク、ドサイドン
  • 闘と地ボスゴドラ

※太赤は特にバトル仕様頻度が高いと予想されるポケモン。

 

 

 

スポンサーリンク

総括

タイプ相性を制する者はトレーナーバトルを制する。すなわちしっかりとタイプ相性を理解している人が勝つと思っています。

これはどんなバトルシステムであっても変わらない、ポケモンバトル根本的原理であり、基本的な要素の一つです。

最初はタイプ相性表をお供に、対戦相手のポケモンについて研究してみてくださいな(*^^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
トレーナーバトル
スポンサーリンク
\面白かったらシェアおねがいします!/
なるるをフォローする
なるる blog

コメント