【ポケモンGO】モンスターボールプラスはいいゾ!オートスピン機能の盲点!使ってみてわかったこと。

ポケGOお役立ちアイテム

こんにちわ、なるるです。

 

18年11月16日に発売になりました『ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ』『ポケットモンスター Let’s Go!ピカチュウ』。皆さんは購入しましたか??

わたしはピカチュウの『モンスターボールplus同梱版』を購入して遊び始めました!

今回の記事では、コントローラーとして『モンスターボールplus』を使用してと、ポケモンGOでも1日ゴープラの代わりに使用してみたので、その使用感と機能や使い方、メリット・イマイチな所、そして買うべきか?について紹介したいと思います。

その他にも記事内では、注目のオートスピン機能や、ポケモンの連れ歩き、そしてモンスターボールplusを自動化させて、ポケモンゲットもポケストップ回収も自動でやってしまう方法も載せていますのでぜひ最後まで御覧ください(*^^*)

<モンスターボールplusの主な特徴&できること>

  1. ポケットモンスター Let’s Go! イーブイ&ピカチュウ』のコントローラとして使用できる。
  2. ポケストップ自動回し(オートスピン機能)
  3. ポケモン自動捕獲(※要裏技)
  4. ピカブイと連携し、ボールの中にポケモンを入れて持ち歩ける。持ち歩いたまま、ポケモンGO側でポケモンを捕まえたり、ポケストップを回したりすると、ゲーム側(ピカブイ)に戻した時に、ポケモン強化に使うアイテムがボーナスとしてもらえる。
  5. ポケモンが中に入っている状態の時は、入れているポケモンの鳴き声が聞ける。(おすすめは本作の主役、ピカチュウ&イーブイ!声優さんの吹き替え!)
  6. 本体は充電式(USB-C)。充電し始めの時に『ポケモンセンター』回復音が鳴る!などなど、その他詳細は下記から御覧ください(*^^*)
  7. 19年6月14日追記:
    ポケットモンスター最新作ソード&シールドでも、モンスターボールplusで持ち歩き&出し入れ可能!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

モンスターボールplus仕様

 

 

実際のサイズ感

ポケモンGOplusと比べるとこんな感じ。
写真ほどの大きさ感は感じなかったです!

これ以上小さくてもいけないし、大きくても持ちにくくなるので、ジャストな大きさです!

 

 

 

コンセントから充電ができる

後ろにUSBーCの充電できる所があります。

同梱されているUSBに、電源コンセントをつければどこでも充電可能。

 

 

バッテリーはどれくらい持つ?

220mAhバッテリー内蔵。

ゲームのコントローラーとして使用して3~4時間位という感じ。

ポケモンGOplusとして使う場合は、Bluetoothの少電力のおかげか、1日使っていてもまだ電池切れにならず!

1回の充電でどれ位持つのか、これからも検証して行きたいと思います。

18/11/19追記:
3日目突入!全然大丈夫!

18/11/20追記:
4日目の朝に接続してみたら、アプリ側で電池切れが近いことを示すマークが出たけど、一日持ったよ!電池持ちは4日が限度かもね。
※ガッツリ使う場合は、2~3日が限度。

 

 

モンスターボールPlusの特徴&メリット

しっかり手にフィットする円形形状

滑りにくいマットな触り心地、高級感があります!

少し重みを感じますが、それがリアルにポケモンが入ってるんじゃないか?って感じを作り出していますね(*^^*)

 

 

 

電池いらずで、どこでも充電可能なバッテリー式

容量220mAhバッテリー内蔵で、USB-Cポートから充電できます。

ポケモンGOplusのようにボタン電池式ではないので、精密ドライバーでの電池交換は不要となり、大変楽になりました!

 

 

ミュウが入っている!

同梱版・単品版ともに、最初からモンスターボールplusの中には、幻のポケモン『ミュウ』が入っています!!

受け取りさえすれば、ゲーム序盤から手持ちポケモンに加えて、戦力にすることができます。

受け取りにはインターネット環境と、ピカブイ&Nintendo Switchが必要です。
ポケモンGOに持ってくることはできません!

 

 

オートスピン機能が標準装備!

オートスピン機能とは、ポケストップに反応し、なおかつ自動でアイテムを取ってくれる(ポケストップを回す)機能です。

 

ポケモンGOプラスでは、

こんなことや・・・・

あんなことをしなければオートにすることができなかったのですが、モンスターボールplusでは、こんなことをしなくてもよくなりました!!!
(ポケモン捕獲は自動では無いので、これまで通りボタンを押してね😁)

 

 

追加投資無し改造なしでポケモンゲットも自動化できる!!

やり方は簡単!付属ストラップを上のようにして、タイを締め上げるだけ(*^^*)
これでポケモン捕獲も自動化できるぞ!!!

コツはストラップの硬い部分(細長い筒?)をトップボタンにしっかりと当たるようにして、そこを押さえながらタイを強めに締め上げること!
※強めに締めないとズレてくるから注意!

これで、ポケットやカバンに忍ばしながらポケモンが捕まえられるから、四捨五入アラフォーでも恥ずかしくない!!これはまるで隠れキリシタンのよう(笑)

あっ、ポケモンorポケストップどちらか一方だけ取りたいの変更は、ポケモンGOアプリ内で可能だからねっ(*^^*)

18/11/28追記:
自動化すると電池消費が早いです。いつもの2倍位早まる感じ。
ワタクシの場合は2日半ほどもったけど。

でも自動化便利だからこのくらいの持ちでも平気かな(*^^*)

ポケモンGOplusの時と一緒で、Bluetooth通信は1時間程度で自動で切れるので、再度接続し直してください。

 

 

反応速度が早い

 

 


感覚的には、ポケモンGOplusで反応してからアイテム回収までが、1秒⇒0.7~0.8秒位に早まった感じ。

これのおかげで、ポケストップが密集している所でも回収が早くなったし、車でポケストップを回る際にオートスピン機能を使うと、反応が早まっているので回収率が確実に上がりました(*^^*)(当方iPhone7でテスト)!!!
60キロ付近でも、ポケストップからの回収可能です!(※現在はアップデートにより40~50キロ当たりまでが回収限界となっています。)

ポケモンGOplusだと、反応してボタンを押してからのタイムラグがある為、その間にポケストップを通り過ぎてしまうので回収率が悪かった。

※注意※
公道では速度制限を守り、運転中のアイテム回収はモンスターボールplusにまかせて運転に集中しましょう!絶対に運転しながらのポケモンゲットは止めてください!!この記事の内容は運転中での当デバイス(モンスターボールplus)使用を推めるものではありません。

 

 

オートスピン機能の注意点

これは実際に使ってみて気がついたことなのですが、

ポケモンをモンスターボールの中に入れておかないとオートスピン機能は働かない!
です!!!
ミュウを受け取っていない時はオートスピンだったのですが、もらってから無効になりました😅
最初はわけが分からなくて、理由に気が付くまで結構かかりました(汗)
これは中に入っているポケモンが回してくれているという解釈なのでしょうかね??
なんにしても、これは注意しておきたい所。
↓ちなみに、ポケモンを中に入れるにはピカブイが必要↓

 

お気になポケモンを持ち歩ける(触れ合える)

ポケモンGOplusには無い最大の違い

スティックボタン長押しで、モンスターボールplusに入れているポケモンの鳴き声などが聞けるモードになり、振ったりすると、中に入れているポケモンが鳴き声と共に反応してくれます!!!!

ピカチュウをいつもいれていますが、かなり色んなバリエーションのピカチュウの鳴き声が聞けますよ!

これはすごいです😍本当に中にピカチュウがいるみたいな錯覚を覚えます。それほどリアル!

ぜひ体験してもらいたい!

 

充電し始めたら、ポケモンセンター回復時の音楽が流れる!

これが地味にすごい(*^^*)

始めて挿した時にものすごい感動しました!!!!!
わたしの物で実際に鳴らしてみたので、是非聞いて見てください。

 

 

 

モンスターボールPlusの使い方(ポケモンGO編)

<「ポケモンGOplus」として使用している時>

トップボタン
「ポケモンGOplus」のボタンを押した時と同様です。
ポケモンやポケストップに反応した時に押すボタンです。
スティックボタン(長押し)連れ歩きをしているポケモンと遊ぶことができます。(本体を振ると入れているポケモンの鳴き声が聞ける)

トップボタン+スティックボタン 同時押し連れ歩きをしているポケモンと遊ぶ際の、音声のオンオフを切り替えることができます。(マナーモード)
※外に持ち歩く時は特にやっておいたほうが良い設定!
ポケモンと遊ばなくても、突然鳴き声がなったりすることがあるようなので!

 

 

電池残量確認方法※注意事項も読んでね

トップボタンとスティックボタンを5秒間以上長押しをすると、『サポートモード』と呼ばれる状態になります。

そうすると、上のようにどれかがゆっくり点滅すると思います。
緑は充電十分、黄色はそろそろ、赤は充電切れそうという3段階で判断できるようです。
※スマホ・SwitchとBluetooth接続しているとできないので、解除してから行ってね!

※注意事項※

『サポートモード』入った後に上のトップボタンを押すと、青や白のLED点滅になります。これの意味は、白:初期化準備
青:スイッチ本体との登録情報消去となっていて、青状態のときにトップボタンを押してしまうと、スイッチ本体との登録情報を消去してしまうので、もし登録情報を消さない、あるいは間違って青や白状態にしてしまった時は、落ち着いてスティックボタンをおして『サポートモード』を解除しましょう!!

 

 

マナーモード強制解除を防ごう!

個体によっては、マナーモードにしていてもある契機解除されることがあるようです!対策については下記記事にて!

【ポケモンGO】モンスターボールプラス鳴き声誤爆完全防止法!もう恥ずかしくないもん!
...

 

 

モンスターボールPlusの使い方(Switchコントローラー編)

<Nintendo Switchにコントローラーとして繋がっているの時の基本操作>

トップボタン:   メニュー画面を開く、キャンセルなど
スティック:    フィールド移動、カーソル移動など
スティックボタン: 決定など
振る操作 :    モンスターボールを投げる、
メニュー画面で設定を開くなど(Yボタンの代わり)

 

ポケモンの捕まえ方

・モンスターボールは、「モンスターボールplus」を振ることで投げることができる!

・野生のポケモンは、威嚇してきたり、動き回ったりしているので、タイミングを見計らってモンスターボールを投げよう!ヒットした位置やタイミングが合うと、野生のポケモンが捕まえやすくなるぞ!

・動くリングの中にモンスターボールを投げると捕まえやすくなり、リングが小さくなった時に当てると、さらに捕まえやすくなる!

感覚としては『ポケモンGO』に近いですね。
ポケモンGOやっていた方なら、この捕獲方法はすぐに慣れることでしょう!

 

19年6月14日追記:ポケモン剣盾でもモンスターボールplus使用可能!


19年11月15日(金)に発売されるNintendoSwitchソフト『ポケットモンスターソード&シールド』(ポケモン剣盾)においても、『モンスターボールplus』でポケモンを持ち歩けたり戻したりできるそう!

ピカブイの時のように、戻した時にゲーム内で使えるアイテムや経験値がもらえる仕様ならうれしいのですが、はたして!

 

 

モンスターボールPlusのイマイチな所

今の所のイマイチな点です。

・充電が終わったのかわからない&どれ位充電されているのかがわからない。

・てっぺんのボタン(トップボタン)を見失いやすい。

※トップボタン周りに目印の円形くぼみがあるが、くぼみが浅い為、ボタン位置を探すのには役に立っていない・・・要改善求む。

 

総合的なモンスターボールplusの感想

ゲームのコントローラーとしてはいまいちな感じ。

キャラクターを動かす為に、スティックの部分をグリグリ回すんですが、くぼみ部分の円周が指が当たって気になります。加工処理がちゃんとしていないのか、円周まわりも面取りがしっかりしていなくガサついています。

だけど、ポケモンGOplusの代わりとしては最高!

付加価値が付きまくりで、オートスピン機能が本当に便利です。

ストラップ固定をして、ポケモンGETも自動化できますので、色んなポケモン捕まえちゃってくださいな。

モンスターボールPlusを使ってポケモンを自動でGETできるようにすれば、特に意識することなく、各ポケモンのアメを満遍なく貯められます。

色んなポケモンのアメを貯める重要性については下記から😄😄

【ポケモンGO】色んなポケモンのアメを確保しておくことの重要性について【フィールドタスク】
...

 

 

買いか?

まだ『ポケモンGOplus』を活用したことが無い方は絶対買い!

活用されている方でも、以上にあげてきたポケモンGOplusに無い機能が一つでも気になったら、在庫がある今のうちに買っておくことをおすすめします(*^^*)。

今はポケモンGOplusの偽物が出回っていますし、結構経年寿命で突然ダメになってしまうこともあるみたいなので、すぐに使わなくても、今のうちに代用品をストックしとくと安心ですよ(*^^*)

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ポケGOお役立ちアイテム
スポンサーリンク
\面白かったらシェアおねがいします!/
なるるをフォローする
なるる blog

コメント