【ポケモンGO】モンスターボールプラス鳴き声誤爆完全防止法!もう恥ずかしくないもん!

ポケGOお役立ちアイテム

こんにちわ、なるるです。

モンスターボールプラス皆さん活用されていますか???

私はポケモンGOplusももっているのですが、今では100%モンスターボールplusを使っております!

なんといっても反応が早いので、車でのオートキャッチが60㌔付近でも反応してくれるのが最高に良い。(※現在はアップデートにより40~50キロ当たりまでが回収限界となっています。)

【ポケモンGO】モンスターボールプラスはいいゾ!オートスピン機能の盲点!使ってみてわかったこと。
...

普通に走っているだけで、もういいよ!ってなるくらいアイテム回収してくれます😍あっ!ちゃんと制限速度は守ってますよ!

さて今回の記事は、モンスターボールplusの機能の一つ、『ポケモンの鳴き声が聞ける』機能での誤爆防止について書いています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

誤爆問題

ポケモン持ち歩き機能最高!

モンスターボールplusには、ピカブイを通してボールの中にポケモンを入れて持ち歩けるというナイスな機能がついております。

ボールに入れたまま一緒に持ち歩いたり、ポケモンを捕まえたりなどしてからピカブイに戻すと、距離や捕まえた数によって経験値が貰えたりふしぎのアメが貰えたりと色々ボーナスがあり、ゲームを有利に進めることができます!

もう一つの特典は、お気にな相棒ポケモンといつでも触れ合える機能(振ると鳴き声が聞ける)です。リアルにポケモンを外に持ち出してる感が味わえる、ポケモンファンにはたまらない機能となっています😍。
いつも入れているピカチュウは、それはもうキュートに鳴いてくれますよ\(^o^)/

 

スポンサーリンク

それは突然に

スティックボタン長押しでの『ポケモンと触れ合うモード』とは別に、なんも前触れもなく、突然にピカチュウ(中に入れているポケモン)が鳴き出すことがあります。どうやら仕様らしいですが・・・。

自宅とかだったら構いませんが、職場や学校で鳴り出したら・・・・と思うと、ちょっと厄介な機能ですよね😓。

 

マナーモードにしておけば・・・

トップボタン+スティックボタン 同時押し
連れ歩きをしているポケモンと遊ぶ際の、音声のオンオフを切り替えることができます。

この操作をしておけば、突然に鳴きだしてもバイブレーションになりますので安心ですね(*^^*)

 

と思いきや、あることをした後は要注意・・・↓

 

マナーモード強制解除!?

 

自分の体験談ですと、次の時にマナーモードが解除されるときがありました。

・充電終了して、USBを抜いた後。
・ピカブイを通して、ポケモンを出し入れした後。
・※ストラップによるポケモン捕獲自動化中。
(この状態でバックやポケットにしまっている中で、何かの拍子にスティックボタンが押されてしまって、マナーモード解除になってしまった為)

※ストラップによるポケモン捕獲自動化方法は、下記記事の『追加投資無し改造なしでポケモンゲットも自動化できる!!』をご覧ください!

【ポケモンGO】モンスターボールプラスはいいゾ!オートスピン機能の盲点!使ってみてわかったこと。
...

特にピカブイからの持ち出しの時には解除されているときがあります!!!

 

 

スポンサーリンク

公共の場での誤爆防止の為に

以上のことを踏まえまして、絶対に職場や学校での鳴き声誤爆を防ぐには、

  1. モンスターボールplusを購入したら、トップボタン+スティックボタン同時押しマナーモードに変更しておく。
  2. 本当にマナーモードになっているか、スティックボタン長押しで触れ合いモードにし、鳴き声がバイブレーションになっていることを再確認する。
  3. 充電完了時やピカブイ連携の後には、必ずマナーモードが解除されていないか必ず確認する。
  4. ストラップを使ったポケモン捕獲自動化をしているときは、スティックボタンが干渉しないように配慮する。

です!!!

以上を行っていれば、突然に相棒が鳴きだしても安心して持ち歩けますよ😁

でも時々は解除してあげて、ピカチュウ・イーブイの可愛い鳴き声も楽しんでくださいね(*^^*)

モンスターボールplusのスペックやメリット、ポケモンGOplusとの違いについて、下記記事で書いていますので、興味のある方はぜひご覧ください(*^^*)

【ポケモンGO】モンスターボールプラスはいいゾ!オートスピン機能の盲点!使ってみてわかったこと。
...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
ポケGOお役立ちアイテム
スポンサーリンク
\面白かったらシェアおねがいします!/
なるるをフォローする
なるる blog

コメント