【保険】プロの教え!老後の備えは貯金より米ドル積立で運用が正解!メリット・デメリット・おすすめ保険なども伝授してもらったぞ!

保険

こんにちは、なるるです。

 

突然ですが、皆さん老後の備えは万全ですか??

一般的に、老後に備えておく為に必要な金額は単身者で約3000万円、既婚者はその倍の6000万円必要だと言われております。

 

それだけの金額を用意するのはとても無理だ!って言う声が多く聞こえてきそう・・・。

 

どういう算出で3000万なん??って方は、詳しく計算されているサイトがあるのでこちらを参考に

金融庁「年金以外に老後2000万」でも俺たちは全然大丈夫。誰も頼らない老後資金対策
金融庁が「年金だけだと老後2000万円足りなくなる」という試算を発表! 年金がいくら頼りなくても、ちょっとの資産と健康な身体があれば老後は意外と明るいかも。そんなに心配しないで大丈夫! 自分の収入や支出を計算しながら老後資金の対策を立ててみましょう。

 

さて、今回の記事では、老後の備えの足しにする貯蓄を、米ドル建て保険にすると良い!という話をしていきたいと思います。

米ドル建てってなに?メリット・デメリットは?など保険のプロに聞いてきたので、将来に漠然と不安を感じている方は参考になれば幸いです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

きっかけ

つい最近までCMで頻繁に流れていた、アフラックの働けなくなったときに備える保険(渡辺直美が出ていたやつね)をみて、冷静に考えてみると不安になりました。

 

怖くなった私は、片っ端からグーグル先生で同保険のことを調べまくりましたが、

結論、どんなのを選べばいいのか全くわからない状態に・・・

調べてみると結構種類があるのと、各社払い出し要件が違ったりと、逆に保険迷宮に迷いこむ羽目になりました。

 

・・・・・プロに聞いてみるしかないな!と思い立ち、私自身は初めての試みですが、保険相談にいくことにしたのです!

 

 

いろいろと聞いてきたぞ!だけど!

題の通り、いろいろとプロの方に聞いてきたのですが、それを文に全部おこすととんでもない量の羅列文になり、且つわかりにくいと思うので、聞いてきた内容をかみ砕いて、以下文にしていきたいと思います。

 

 

相談してみると入るべき保険が見えてくる!

いろいろ相談を進めていくと、わたくしに今合う保険は『3大疾病に備える医療保険』『貯蓄型の終身保険』らしいです。

 

最初は働けなくなった時の保険(就業不能保険)に入ろうと思って相談しにいったのですが、サラリーマンであるならば、雇用保険で足りない分を一時金ですぐもらえる保険の方が現実性があるとのこと。

 

聞いてわかったのですが、『就業不能保険』は働けなくなった時に、すぐさま貰えるわけではなく、このタイプの保険の多くは、就業不能となってから約60日~90日くらい支払い対象外期間があります。したがって、給料が立たれて1か月目から満額がもらえず、足りない部分は貯金などで賄う必要が出てくるということです。

 

就業不能となるケースは、主に病気やけがなどが原因によるものがほとんどですので、

そちらをカバーしつつ、病気(※条件は保険によって異なる)となった時に一時金をもらえる保険に入っている方が、とても助かる場面が多いのです。

 

あと、『就業不能保険』を実際にもらうときは、就業不能であることを月一のペース(月で受け取る場合)で確認できるものを用意する手続き等があり、貰えるまで大変に面倒であるということを伺いました。(それでも助かる保険であることは間違いないです!)

 

 

米ドル建て終身保険とは?

ドル建て終身保険とは、死亡や高度障害状態になった時に備えながら、貯蓄もできる保険で、通常の保険のように日本円で保険料を払う所を、米ドルで保険料を支払い、保険金の受け取りも米ドルという所がこの保険の特徴です。

 

 

ドル建て終身保険のメリット

  • 死亡保険として持っておきつつ、使わなければ貯蓄になっていくので無駄がない。
  • 円よりも米ドルの方が金利が高いので、将来的に金額が増えていく。
  • 満期となった後は部分解約が可能で、必要な時必要な分だけお金に換えることができる。
  • 円安ドル高のときに円に換えると利益が生まれる。

 

ドル建て終身保険のデメリット

  • 為替相場(円高ドル安)に影響を受ける。
  • 満期を迎える前に解約してもお金は戻ってくるが、払い込んだ金額より相当少なくなる。(低解約払戻金型)
  • 保険料を払うときや貰う時(ドルから円に換える)に手数料がかかる(約50銭ほど)※保険内容による。

 

ドル建て終身保険おすすめの払い方

短期間(10年、15年)で払い込んでしまえば、利率によって増加していく期間が長くなるのでおすすめ。

 

 

おすすめの米ドル建て保険

オリックス生命保険米ドル建終身保険キャンドル

19年4月に発売になったばかりの保険です。

最大の特徴は、告知条件が比較的緩めなので(心療内科にかかっている場合でもOK)、持病を持っていても大変に入りやすい保険であること!

 

もう一つの特徴が、払込期間中の保証を押さえ、保険料が安く設定されている点!

どういうことかというと、通常は払込期間中であっても同じ死亡保障がつくのですが、この保険はその期間だけ、通常の死亡の場合は保険金が満額ではなくその時までに払込している限りx利率での保険金となります。

そのため、全体の保険料を安くされているのです。

↓しかし!↓

不慮な事故での死亡・高度障害・災害では、払込中期間であってもしっかりと設定保険金どおり出ます!
キャンドル保証内容

この通り、死亡保障の部分がクリアになれば、告知条件ハードルが低く、比較的入りやすい保険で、貯蓄性の備えていますので、設定金額を調整すれば老後の備えの資金調達に役立ちます!大変におすすめの保険です!

 

 

さいごに~保険のプロに相談するメリット

正直、今回相談して大変よかったと感じました。

表面的な保険のスペックなどはインターネットを使って調べることは可能ですが、保険とは十人十色。一人一人にその時必要な保険やかけるべき金額、健康状態によって入れる保険入れない保険などがあるので、その人にあった総合的な判断をインターネットの情報のみで完結できることはほぼ不可能です。誰しもが一度はプロにお話を受けた方が良いことは確実であると強く感じました。

何回相談しても無料!【保険見直しラボで保険相談】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
保険
スポンサーリンク
\面白かったらシェアおねがいします!/
なるるをフォローする
なるる blog

コメント